葬儀で故人にしてあげれることはどんなことがある?

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイトのメインイメージ

葬儀を行う際には、故人の意思を尊重し、準備を進めていくことが重要。また、参列者に対しても感謝を示そう。

葬儀で故人にしてあげれることはどんなことがある?

故人の最後のライフイベントである葬儀のために遺族が最後にしてあげられることとはなんでしょう。

準備も含めてみていきましょう。

葬儀は見送る側と見送られる側によって捉え方が変わってきます。

見送られる側にとっては自分のために多くの人が集まってくれる最後の場所になります。

そのため、参列者への対応や葬儀会場の準備も含めて故人が喜ぶような仕様にしてあげたいものです。

◎故人の意思に従う

死とは突然起きる場合もありますが、故人が自分の死後のことを考えて遺産の受け渡しと同様に、自分の葬儀の形式を遺書に残している場合があります。

なるべく多くの方に最後を見送ってほしい方もいれば、親交の深かった家族や親戚だけで静かに見送ってほしい場合もあります。

その他、四十九日の経過後に遺骨をお寺に納骨してほしいのかや、外にある明るい霊園に納めてほしいといった遺言もあります。

もしも、故人の遺言がある場合にはできれば意思を尊重してあげたいものです。

◎生前故人が好きだったものを一緒に納棺する

納棺の際にはできるだけ綺麗な仕様で送り出すのが望ましく、花や故人が生前好きだったぬいぐるみと言ったものを一緒に入れる事があります。

また、祭壇には愛用していた自転車を置くなど、常識に囚われなずに会場を故人の色が出るものにするのも良いでしょう。

◎参列者への感謝

葬儀には少なからず複数人以上の人があつまることもあります。

故人のために見送りに来ている人がいることは、故人にとっても嬉しいことに違いありません。

そのため、喪主や遺族の方は一般参列者に対して故人の代わりも含めてお礼や感謝を伝える事が故人のためにもなります。

知られざる千葉 葬儀アドバイスサイト

Copyright www.judychu.net All Rights Reserved